雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

スカイツリー

仕事に向かう

総武線の中から

メロウな

頭で

ボケーッと

窓の外を眺めてました。

すると

唐突に

ドーンっと

群を抜いて

高い塔が

視野に

飛びこんできました。

思わず

「あ!」

漏らしてしまいました。

まぁ

なんのこたぁない

スカイツリー

見えただけなのですが。

ちょっとだけ

ドキッとしました。

スカイツリーなんて

テレビやら

広告やらで

頻繁に見ていて

思うことったら

「ふ~ん高いの」

ってくらいで

興味も感慨もなかったのですが

日常に潜まれると

あの高さ

佇まい

やっぱり驚く。

平凡な日常生活の中から

ひょっこり顔を出されると

息を呑む。

窓ガラスに

へばりついて

見えなくなるまで

スカイツリー

眺めていました。

うーん

この感覚なんだよなぁ

今のご時世

素晴らしいものも

豪華なものも

突飛なものも

溢れてて

あんまり

感動できなくなってて

刺激に飽きて

不感症。

宇宙って言われても

ロボットって言われても

別に

ふぅ~ん。

タワーが300mだろうが

1000mだろうが

まぁできないことじゃないんじゃな~い?

現代病

かもなんて思いながら。

だけど日常の中の

些細な発見

些細な美しさには

やっぱり

ちゃんと

度肝抜かれる。

安心安心。

超大作ハリウッド映画より

何気なく付けた

深夜ドラマに

感動したり

超絶技巧の

カリスマアーティストよりも

ステージで鼻かんでる

フラカン鈴木さんに

心を奪われたり

お膳立てされて

ちゃんとパッケージングされた

特別な物より

手のひらサイズの

渾身が

好きです。

そういうところに

本当の感動が

あるんじゃないかなと

漠然と思いながら

だからって

中途半端なものには

感動しない。

だから

日常のまま

剥き出しのまま

平熱のまま

焦点を

合わせて

誰かの度肝を

ぶち抜きたいぜ!