雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

スーちゃん

ぼけっと

テレビを見ていて

キャンディーズ

スーちゃんの訃報に

少なからず

ショックを受けた。

私に

最初に

歌う楽しさを

教えてくれたのは

ハクション大魔王

キャンディーズです。

世代でないので

リアルタイムでは

しりませんが

両親がカセットテープで

よくキャンディーズ

かけていたので

自然と覚えてしまいました。

とにかく

ノリのいい曲

キャッチーな歌詞

ピチピチ

弾けるような

三声が

がちっと決まったハーモニー

すっかり魅力された3歳の私は

聴いた途端に歌いたくなり

映像は見たことないくせに

勝手に踊りたくなり

そんな

3歳児を面白がって

延々

テープを流し続ける

両親の前で

延々

リサイタルごっこをしていました(恥)

未だに

カラオケに行くと

キャンディーズ

歌います。

あの弾けるような

歌声は

たかが昭和のアイドルと

小馬鹿にしようと

今聴いても

やっぱり

聴き惚れる

歌を作る

ということと

商業としての

アイドルのことを

混同するのは

どうかと思うけれど

魅力的なもんは

魅力的

ワクワクするもんはワクワクする

いいなぁ

残念だな。