雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

最終的に愉快

見知らぬお兄さんに

「お見合いパブ行きましょうよ!

楽しいッスよ!」

結構しつこく絡まれ

小声で

「間に合ってます」

と強がってみたものの

完全に無視されて

「女の人はタダッスよ」

「いいッスよ!タダッスよ!」

誘い続けられる

という

切なさ。

ってか、

そこ¥じゃねえよ!

そんな気持ちで

歌舞伎町を歩き

たどり着いたは

ゴールデンエッグ

ロジャーさんの

吟バンドと

モザイクさんと

グッドラック大岩バンドが

お祭りでした。

吟バンドは

やっぱり

「吟」バンドだった。

あの声、ズルい。

叫んでもうるさくないし

囁いてもか細くないし

力みのない存在感が

ズシッとある。

そして何より

楽しそうだった。

素敵

モザイクさんは

改めて見たけど

職人集団。

全員が全員

かなり繊細なレベルで

きちっと

出すべき音を心得てて

それを

きちっと出すという

完成度のハンパなさ。

なんか

ギター弾いてる

というよりも

だんだん

包丁研いでたり

木材削って仏像彫ってるように見えてきました。

だからといって

真面目でガチガチで

っていうんじゃ

全然なくて

選曲や

構成や

演奏全てに

遊び心がむちむちで

高ぁいレベルで

ちゃんと遊んでる

カッコイい大人

って感じ。

んで

グッドラックさんは

何があろうと

グッドラックさんなんだなと。

あれは

真似できん。

脱帽っ!

お酒呑んで

ターナーさんといっぱい喋って

同じ日にブッキングして

ほろ酔いで

帰る。

いやぁ

愉快。