雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

奄美大島旅行記 3

 

奄美大島2日目。

山羊島ホテルの素晴らしさを
満喫したい!
という思いで

下宿時代は
毎朝
下宿のおばちゃんに
ガンガンドアを叩かれて
「起きなさ~い!起きなさ~い!」
と叫ばれて

ようやく起きていた
Rえちゃんも

ちゃんと早起きして

みんなで大浴場へ。

見渡す限りの海と
港をめぐらす山々と
沈む前の月と、に

うっとり~

しながら

ばしゃばしゃはしゃぐ。

雨かも。。。

思っていたけど

なんとか天気ももって
ときどきは晴れ間もあり

テンション上がります。


2日目のメインイベントは
カヌーで
マングローブの森を探検することでした。

よし!
この天気ならいける!

f:id:amamoto23:20160523125926j:plain


カヌーは小学生の頃以来で
そのとき、
最初にひっくり返る練習からさせられて
それが怖かったのですが

さすがに
それはないようで。

安心して出陣!

f:id:amamoto23:20160523125944j:plain


※パドルの使い方間違ってます


ちょっと怖い。

f:id:amamoto23:20160523130014j:plain


あ、大丈夫そう。

f:id:amamoto23:20160523130034j:plain


全員で一列で
進むんですが

写真撮ろうとしてたら
即、座礁。

置いていかれます。

f:id:amamoto23:20160523130056j:plain


待って~!!!

必死になったら
昔の勘を取り戻し

慣れてきたら
景色も見る余裕が。

f:id:amamoto23:20160523130119j:plain


マングローブ原生林

水の上をゆったり滑る心地よさと
山と山の間の
神秘的な湿原の
ロマンチックさに

ひゃー!うっとりー!

f:id:amamoto23:20160523130143j:plain


マングローブっていう名前の植物はないそうな。

海水と真水が
混じった湿原に生える植物の総称が
マングローブ

オヒルギ、メヒルギ
という植物が
奄美大島
一般的なマングローブなんだそうです。

マングローブは賢くて
海水と真水が混じってても
真水だけ吸い上げることができるし

林の奥まで
日光が届くようにと
手前の木々は
成長を自制して短いままでいるんだそうです。

f:id:amamoto23:20160523130204j:plain


偉いなあ

私は
体重の成長を自制できませんよ。


そんなこんなで
カヌー体験
最高!

f:id:amamoto23:20160523123727j:plain