雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

2月5日 高円寺Reef 雪降らずソウルフル

 

一昨日は
雪が降る降ると言われていましたが
結局降らず

高円寺に集ったのは
ソウルフルなミュージシャン。
私はほぼ初めましてでしたが
全員ソウルメイトでした。

みんな一様に
本番までは無口&シャイ

ステージでは
ドカンとロックンロール

終演後は
酒も効いてきてパーティーピーポー?



ソウルメイトと呼ぶべき
共演者の皆さま

皆、写真がぶれてます。
ステージングの激しさが
伝われば。


ふざけてんだかなんだかだけど
真面目な人なのだろう伊藤高史さん
曲が、コード進行が
エモい。
エモーショナブル
(そんな言葉あるのか?)

f:id:amamoto23:20160525091817j:plain

んで
あたくし

f:id:amamoto23:20160525091833j:plain

「今日はのってたねぇ!」と言われました。
そうですねぇ。
Reefの
アコースティックな音響が
すごく気持ちよかった?


弟と
ファーストネームが同じ
鈴木知文さん

f:id:amamoto23:20160525091848j:plain

ギターめちゃくちゃうまいけれど
遊び心溢れるステージング

がらがらしわくちゃの
後期長渕的ボイスで

「できるかできねぇかじゃなくて
やるかやらねぇかだ
やるやつはだまっていてもやる

ねぇノッポさん

できるかなぁぁぁー!」

みたいなことを叫ばれるともう
笑っていいんだか感動していいんだか。


続いて
いぶし銀
ながしまりいちさん

f:id:amamoto23:20160525091902j:plain


雷鳴とか
感性刺激する歌詞と
きれいなメロディーがいっぱいでした~(*´ー`*)

んで
平野カズさん

f:id:amamoto23:20160525091918j:plain


バンドは
何度かお見受けしていましたが
弾き語りは初めて。

個人的に弾き語りのほうが
好みでした。

骨太さが
アコースティックのほうが引き立つ
そんな兄貴。


刺激受けまくりの良い夜でした。

今夜もこれから
良い夜になりそうな予感♥



⭐2月7日(土)
下井草billy´s bar

①トリックアート
②雨本ふみ
③さとうもとき

■Open/19:30
■Start/20:00
■Charge/1,600(D別)