読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

10/27 Manda-la2~2番手マンモスと3番手雨本~

 

小4から高3まで
9年間
がっつり
バレーボールをやってました。

小学校と高校は
キャプテンもやったし
弱小チームながら
休日も練習してたし
かなりの時間をバレーボールに費やしました。

しかし
本当にバレーボールに夢中だったのは
小学校の3年間だけかな。

あとの6年は
惰性でやっていた気がします。


(中学、高校の入学時)


「バレーボール部だったんだ」
友達
「へぇー。私も、バレー部入りたいんだよね、見に行かない?」

(部活見学へ)

「1年1組、雨本ふみです。バレーやってました!」
先輩
「あ、じゃあちょっと入ってみてよ。
あ!上手い!上手い!(おだて)」

「( 〃▽〃)ゝ」
先輩
「バレー部入ってね!絶対ね!」

「はい!絶対入ります!先輩、ついていきます!」


こんな感じで
3年間×2セット。



まぁ
バレーボールも
嫌いではなかったけど

あんな
団体競技
かつ
敏捷性とジャンプ力と気の強さが求められるスポーツ
自分に向いていないことは
中学入学時には既に
ばっちり気づいてたんだけど。

本当は
文化系の部活したかったけど
スポーツ!質実剛健!という
暗黙の空気も我が家にあり
やめるきっかけがつかめなかった。






だらだらと思い出話を書きましたが
こないだのManda-la2の話です。


11/27マンダラ2

2番目に出演した
こがマンモスりょうすけという男。

3~4?年くらいの付き合いですが

初めて見たとき
彼は
上半身裸で
激しく踊りながら
「ケンタッキーフライドロッカーのお通りだぜ」とか
バス釣りに飛び出せ」とか
「北京ダックでも食べに行こうよ」とか
「ベートーベンをぶっ飛ばすんじゃねぇ」
とかシャウトしてて
かなり印象的でした。


その後
YouTubeで見た彼は
白いハイネックのセーター着て
ウクレレで歌ってました。



その後
バンド組んだから見に来てくれ!と言われ
観に行ったら
ドラム叩きながら歌ってました。
「やっぱり弾き語りじゃつまらない
バンドなんだ!バンドなんだよ俺は!」と
熱く語ってました。


さらにその後
「数日前にカホン始めました」っていう
若い子と
新ユニット始動!と。


さらにさらにその後
全員楽器やったことないメンバーとバンド組んだらしい、と
風の噂で聞きました。


次に会ったときは
ローンを組んで高いギターを購入し
「弾き語りなんだよ!ダンディになりたいんだ!」
と言っていました。



惰性で動かない男、
こがマンモスりょうすけ。

つまらなくなったら
すっぱり切り換える男、
こがマンモスりょうすけ。


まぁーー
呆れるくらい
スタイルをころころと変えて。

でも、芯は変わらず。

言ってることも
毎っ回違うけど
その都度その都度本気なのはよくわかる。

だから
その度に「お!これはこれで良いな」って思う。


やってみたいことはいろあるけど
フットワーク悪く
目の前にあることをずるずる続けちゃう私は

やってみたいことを
次から次にやってみて
違う、と思ったらソッコーやめる
マンモスがちょっと羨ましかったりします。


少しあきれながら。


そんなマンモス氏の歌を
久し振りに聴きました。

相変わらず、よかった。
とっても。
中でも
「重労働音頭」が特に好き。


これからも
大胆に
変わり続けるであろう彼の次に


ひたすら
マイナーチェンジを繰り返す
私、雨本。

f:id:amamoto23:20160511235851j:plain


もっともっともっと
わかりやすく
丁寧にステージ構成しなきゃなぁと思う今日この頃。

f:id:amamoto23:20160511235916j:plain



どんな風に変わってきてるか
変わってきてると思ってもらえるか
それは
見てのお楽しみってやつだぜ!


(マンモスのこと書きすぎて疲れた←本音)



じゃな!






11/5(木)
高円寺 稲生座
19:30/20:00
朱音さんと。


11/11(水)
吉祥寺Manda-la2
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
今泉沙友里、花本麻里絵、雨本ふみスリーマン
「もみじとヒトデとお星さま」
18:30/19:30
\2200+dr


11/14(土)
東中野じみへん
https://www.livewalker.com/mdata/detail.aspx?i=23301


11/21(土)
@新宿SoulKitchen