雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

ピクルスとヘレンケラー

 

夜中

というか

明け方

ふと目が覚めて

 

ひとり考えている。

ピクルスについて考えている。

 

きっかけは

「昔、『ピクルス』ってハンバーガーに入っている、緑のやつだと思ってたんだよね」

という友人の言葉。

 

私「え?そうじゃない?何か違うの?」

友「いや、あの緑の野菜のことを『ピクルス』だと思ってたの」

私「あーなるほど。『ピクルス=酢漬け』じゃなくて」

友「そう。あの緑のやつってズッキーニか何かだよね。だから『ピクルス=ズッキーニ』と思ってたんだよね」

私「そっか。じゃスーパーとかでズッキーニが売られてたら『あ、ピクルス』って思ってたんだね」

友「そうそう。『自家製ピクルス』頼んで、セロリやオリーブのピクルス出てきたら『ピクルス入ってねえじゃん!』って思ってた(笑)」

 

 

こういう話、好きだ。

ちょっと感動してしまう。

こういう話に触れるたび

ヘレンケラーを思い出す。

 

目と耳の不自由なヘレンケラーにとって

『コップ=水』だった。

「水ちょうだい」と言って手渡されるのが

コップに入った水だったから。

 

でも

サリバン先生が

井戸から汲み出した水を直接触らせて

『水』と教えたときに

「water!!」

と叫び

初めて『コップ』と『水』の違いを認識したという話。

奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫)

 

まあ

偉大なヘレンケラーのエピソードと

ピクルスにまつわる勘違いを

ごっちゃに話をするのもどうかとは思うけど。

 

勘違いしていた言葉の

本当の意味を知ると

「あぁ世の中はこのように整理されていたのだな」

とちょっと感動する。

こんな些細なものにまできちんと名前がついているのだな、とか

こんな抽象的な概念にもきちんと名前がついているのだな、とか

それらがきちんと区別して認識できるようになっているのだな、とか

そういうことにしみじみ感じ入る。

 

子供の頃

「時間」と「時刻」の違い

「km」と「km/h」の違い

を知ったとき「ほう!」と思った。

 

こないだ

「沸点」「氷点」と「しきい値」の位置づけが

しっくりきた。

 

ごっちゃになりがちなことを

区別して認識できるようになるのも面白いし。

 

反対に

勘違い発覚によって

アレとコレはごっちゃになりがちな物事だな、

確かにこの角度から見たらアレとコレはおんなじだけど

別の角度から見ると違うよなと実感するのも面白い。

 

ゴールデンボンバー鬼龍院翔

すごく好きな人が出来た時に

「これは恋なのか、性欲なのではないか」と悩んだ

という話も

そういう意味で

面白いなと思う。

「ゴールデン・アルバム」 通常盤

 

変な時間に起きて

変な時間に眠くなってきた。

 

やばい

 

昨日も寝坊して大遅刻したのだ。

 

そういえば

子供の頃

「ねぼう」と「ちこく」をごっちゃに認識していたなあ。

 

直近のライブ予定

☆2月

29(月)横浜吉野町こびとさん吉野町 こびとさん

☆3月

3日(木)  @高円寺彦六 

6日(木)  @高円寺 稲生座

10日(木) @池袋LiveInnRossa17日(木) 

17日(木) @吉祥寺MANDALA2 雨本×花本×今泉3マン「もみじとヒトデとお星さま~春編~」24日(木) @下北沢barrack block cafe 

27日(木) @下井草Billy's Bar GOLD STAR 

☆4月

5日(火) 

「なぜか埼玉」知り合いライブ @新宿パペラ 

 

詳細はHPへ

http://terachi235-thank.wix.com/fumi#!blank/cyke

 


雨本ふみ 24 想い出