雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

☆不毛な女子力計画☆

こないだ

エステティシャンの友人に誘われて

実験台になる代わりに

タダで施術してもらった

(不毛な女子力計画2011初夏☆)

やたら年配の

彼女の美容仲間(?)たちに

やたら高いテンションと

はじける笑顔で

出迎えられ

「今まで美容のためにいくら使ってきましたか」

という項目のある

アンケート書かされたときから

怪しい臭いは

してましたが。

その友達自身は

ちゃんとした

エステティシャンだし

いい人だし、と。

素直に

まな板に乗ってきました。

気持ち良かったし

参考になるアドバイスももらった。

一つ、洗顔はすすぎが肝腎

すすぎは最低でも30回!

松田聖子は50回

黒木瞳は100回

やってるぞ!

(寺地芙美子は平均7回でした)

一つ、猫背・便秘は万病のもと!

一つ、くすぐったがりは

敏感なのではなく

血行不良!

一つ、暇さえあれば

小顔のツボを

指圧すべし!

(押すと気持ちいいよ。頬骨の下あたり)

あれやこれや

塗られらたり

当てられたり

圧されたり

揉まれたり

して

な、なるほど

美容の世界は

奥が深いのね

と。

紙パンツ一丁で

ビニール袋を被って

サウナドームに入り

汗をだらだら

かきながら

思いました。

ヘロヘロになったところで

やたら眼力のある

背筋のシャンとした

1番偉そうな

おばさんが

やたら

口角をあげながら

分厚く

カラフルな

ファイルを取り出し

「我が社の製品は

いかがでしたか?」

から

怒涛のセールストークを始めました。

(多分1番の痩身効果。)

この展開は

もともと

予想していたし

ネットワークビジネスに関する

基礎知識はあったし

そもそも私に

タダで施術を受けようという

意地汚さがあったので

不快にもならず

面白く

聞き流させて

もらいましたが

少しわかったことがあります。

物を売るのは

その物に関するプロじゃなきゃ

もしくは

物を売ることの

プロじゃなきゃ

嫌だな。

ってこと。

もち屋は自分のもちに

魚屋は自分の魚を。

エステティシャンは自分の美容器具と施術を。

セールスマンは

自分のセールススキルを

がっちり磨いて

そこに真摯に向き合ってるからこそ

気持ちいいのだ。

素人が

小手先で

儲けるために

何か売る

その狡さって

ちょっと不快。

そう考えたら私は

自分の歌しか

人に勧めたくない