雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

どうにもこうにも

昨日は遠出しましたが

今日は
父が
午前中
仕事だったので

それが終わるのを待って
午後から
今、住んでいる
垂水(たるみず、とよみます)市内を観光しました。

※午後から
と言いつつ
母と娘は
こっそり朝、温泉行きました。



まず
お昼ごはんは
両親おすすめの食堂へ。

垂水市の有名企業
「財宝温泉」


の経営する食堂
400円ランチを
食べに。

「えー?400円?」
と思ったけど

ぶりの漬け丼
とても美味しかった。

我慢できなくて
写真撮る前に
一口食べちゃったけど。

鰻丼も
とんかつ定食も
全部400円。

社食か!


その後
母おすすめの
垂水千本銀杏を見に。


「世間」自然遺産?
「僕立」公園?
悪ふざけ!!

でも
銀杏の多さは
ふざけてない!



歩いても歩いても黄色い銀杏
見渡す限り黄色い銀杏



歩いてると
母が

すれ違った女性と
「…?ですよね?ですよね?」と。

お互い
記憶にあるけれど…
むむむ…

という状況を経て
「あー!!」と。


そして
その女性が私を指さして
「東京から?」と。

あれ?
私の知り合い?
と思ったら
私の高校のクラスメイトMみちゃんのお母さんだったようです。

偶然~♪


その
Mみちゃんとは
高校1年生のとき
同じクラスだったのですが

実は
私とMみちゃんが
産まれるときも

お母さん同士
病院・病室が
同じだったらしく。

高校の入学式で
16年ぶりに
顔を合わせた母&Mみちゃんのお母さんが

「…ですよね?ですよね?」

(心の声:どっかで見た人なんだけど、誰だっけ?)

「あー!!あのときの!!」

と、なったらしい。

なんだろ?
縁があるのなぁ。






18年鹿児島にいて
垂水千本銀杏のことは
知らなかったのですが

ものすごい人出で
車が渋滞していました。

へぇぇぇ~
有名なんだなぁ。
こんなとこあったんだなぁ





千本銀杏を見たら
そのあと
大隅湖へ。

これまた知らなかった!



湖畔を散歩してたら
いい感じに色付いた紅葉が
ちらほら。

「かわいい!あの紅葉かわいい!」
「あの紅葉はちょっと茶枯れてる!」
「わーこれ最高!」

紅葉ハンターと化す母。


「ちょっと、あんた、あの紅葉の下に立って!」



ハンターの命令は絶対!


湖畔のジョギングコースに
テンション上がって走り出す父




湖に接する
ダムの高さに



「高いよ怖いよー!」
とビビる娘。


ったく
どいつもこいつも。



とりとめなくて
どうにもこうにも。