雨本ふみブログ

片付けられない感情を歌う「片付けられない女」の日常

 

考えることは皆同じ

少しずつ

見えてきた気がして

上機嫌で

小岩ライヴを終え

帰りながら

ふと気がつくと

ドラマ「ケイゾク

のことを考えてしまう。

昔見て

面白いと思ったとはいえ

ストーリーを全然覚えていない。

あぁ!第1話が見たい!

あ!そういえば

TSUTAYA津田沼店は

水曜日

190円レンタルの日だ!

自転車を駆って

TSUTAYAに直行。

しかし考えることは皆同じ。

ケイゾク第1話

しっかり借りられてました。

あーぁ

そのまま帰るのも

なんだから

お笑いコーナーで

バカリズム

ライヴDVDを

持ってみたり

置いてみたり

結局借りずに帰ってきましたが。

帰りつくと

たまたまつけたテレビに

ケイゾク」の監督

堤幸彦さんが出ていて

ケイゾク」の話もしていて。

んでも結局

秋の新ドラマ「Spec」

の宣伝でした。

そして

ケイゾク」が再放送されたのは

新ドラマ「Spec」の為なのだな

と改めて思い知る。

考えることは皆同じ

だけど

それは偶然じゃなくて

それを動かしている誰かがいるのね

な~んて

面白けりゃ大歓迎

だけど

誰かの戦略を越えた

偶然もあって。

昨日読んだ

さくらももこのエッセイに

登場した

植田プロデューサー

という人物の話が

堤幸彦監督の話に出てきて

「へぇー」

まぁ

なんでもいいから

ケイゾクの第1話見たいよぉ!